てんかん患者でも車を運転することはできる?

車の運転
てんかん以外に合併症がない患者さんの場合、てんかんのない人と同じように仕事をする力は十分にあります。
てんかん発作を起こしたことがあるというだけでは、つけない職種は航空機の運転業務などに限られています。
そのほかの仕事内容については、発作がどの程度抑制されているかどうかによります。
発作が完全に抑制されているのであれば、自動車の免許も取得できる可能性が高く職場に理解がある限り、仕事内容を特別制限する必要はありません。
逆に発作の頻度が高い場合は、自動車の運転が必要な仕事にはつけません。

京都で自動車の運転中にてんかん発作を起こし、大きな事故になってしまったという例があります。
こういった京都のニュースに触れるたびにてんかんの患者が、自動車の運転をして大丈夫なのだろうかと不安に思う人も出てきます。
薬の飲み忘れや、体調が悪い時にも発作が出てくることはあります。
ですが深刻な事態を招いてしまったのは、てんかんだからではなく一定のルールを守らずに運転を続けていたことに、原因があります。
自動車の事故は自分ばかりではなく他人にまで被害を及ぼすことになりかねません。
安全に運転するには、厳格な条件をクリアしておくことが必要になってきます。

特定の病気があって正常な運転ができない恐れがあると考えられる場合には、運転免許の交付が認められなかったりすでに持っている人は、免許を取り消されたりします。
これは道路交通法という法律で定められていることで、てんかんの場合一定の条件を満たさない限り自動車の運転をすることができません。
特に自動車運転を職業とする第二種免許や大型免許の場合、運転免許の取得は厳格に制限されています。
ただてんかんだからと言って一律に運転が禁じられているわけではありません。
発作が完全に抑制されているか、発作があるとしても運転には支障のないものに限られている場合、一定の条件を満たせば通勤や買い物など自家用車の運転にかかわる、第一種免許の取得更新は法律で認められています。

てんかん発作が原因で過去に起きた事故

完治という判断が難しいタイプのてんかんについては、何年発作が止まっていてもこの先一生発作が起きないと断言するのは、難しいのが実情です。
発作の再発が運転している間に起ってしまうということも、全くないとは言えません。
しかし運転中に意識を失う原因は、てんかんに限ったことではありません。
実際心臓発作、脳卒中などが運転中に起き事故につながるケースもあります。
全交通事故件数のうち、てんかん発作による事故件数と脳血管障害による事故件数は、ほぼ同等と報告されています。
また1年以上発作が止まっているてんかん患者では、自動車事故を起こす確率は一般の人と変わらないとされています。
きちんと治療を継続して発作が起きない状態を保ち続けることが大前提ですが交付、更新が認められる条件をクリアしている患者であればむやみに、心配することはありません。

車の運転ができないと生活に困ってしまうなどという人もいます。
だからと言っててんかんであることを告げなかったり、発作があったにもかかわらず全く起きていないなどと偽ったりするのは、厳禁です。
自動車免許の申請、更新時には病状を申告しなければならず、虚偽の報告をした場合には1年以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられるというのが、道路交通法の定めです。
また免許を持っている人が更新の時期より前にてんかんを発病したり、意識を失う発作を起こした場合には免許が取り消されたり免許停止の処分を受けたりすることになっています。
一定の条件を満たしている患者さんには、運転を続ける権利があります。

けれどいったん事故を起こせば重い責任が生じます。
自分一人の問題ではありませんから、病状を偽るようなことは決してしてはいけません。
また薬の飲み忘れに注意して、体調の管理にも注意を払うことが大切です。