てんかんの原因と日本での患者数


私たちの認知、運動、学習などの高次機能は大脳の神経細胞の電気的なやりとりによって行われます。
この電気的なやりとりは、調和を保ちながら行われます。
てんかん発作はその大脳にある神経細胞の電気的なやりとりのリズムが突然乱れることによって起こるといわれています。

この乱れの原因からてんかんは大きく2種類のタイプに分けられます。
症候性てんかんと特発性てんかんです。
症候性てんかんは脳に何らかの障害や傷をもったことによって起こるものです。
例えば、生まれたときに仮死状態であったとか脳症を患ったという場合はこれにあたります。
外傷性のものもあります。
これについては次項で説明します。

特発性てんかんとは、いろいろと検査をしても原因不明のものをいいます。
日本での患者数ですが、厚生労働省によると60万人から100万人といわれています。
発症年齢は3歳以下の発病が最も多く、80%くらいの人が18歳以下での発症です。
残念ながら日本では、全国規模での年齢別有病率の統計がないため正確な患者数はわかりません。
ただ、次項で説明する外傷性てんかんのように事故などがきっかけである日突然になるケースもあるため、幅広い年齢層でみられます。

てんかんの主な症状は目がチカチカする、手がピクピクするといった部分的な発作や意識消失、全身けいれんなどの全身的な発作があります。
これらは通常、内服薬をきちんと飲んでいれば抑えられます。
ただ、薬ではコントロールできないものもあります。
難治性てんかんと呼ばれる種類のものです。
新生児期・乳児期に出現するてんかん性脳症がこれに当てはまります。

てんかん性脳症は、発作が頻回に起こる、発作が起きていなくても脳が興奮状態にあるといったことがあり、発育にも影響を与えると言われています。
脳波検査で特殊なてんかん性発射がみられ、内服薬では対応できません。
そのため、発作を止めたり、症状を和らげたりする手術が行われることがあります。

事故の影響でてんかんを発症してしまうこともある

先に述べた症候性てんかんですが、脳卒中や脳腫瘍など脳の病気以外に頭部外傷など事故で頭に強い衝撃を受けた場合に後遺症として残る場合があります。
外傷が原因の症候性てんかんを他と区別するために「外傷性てんかん」と呼びます。

特徴は外傷を受けて、すぐに発症するケースは少なく、外傷の程度によっても発症確率は異なります。
事故といっても軽いものから重症例まであります。
事故直後に脳が外から見える状況にあった人の場合、この外傷性てんかんになる確率は20%~50%くらいですが、そこまで脳の損傷は激しくなく、頭部に外傷があり入院した程度の方の場合のてんかんになる確率は5%くらいだそうです。
発症時期も事故から2年くらい経って出現するケースもあります。

受傷から時間が経過している場合、気をつけなければならないのがほんとうに外傷性てんかんなのか、精神的な症状なのかの区別です。
てんかんであるかどうかによって治療は異なりますし、仮にてんかんだと診断された場合、てんかんのための薬を一生飲み続けることになります。
精神的な疾患の一つであるパニック障害ではこのてんかんと似たような症状がみられるそうです。
ほかにも不整脈や代謝性疾患などにも似たような症状がみられることがあります。

受傷から時間が経って、出現したケースの場合、定期的に通院をしている間に診断がつけばいいのですが、そうではない場合、脳神経外科や神経内科など専門科に行き、事故にあったことがあることをきちんと話したうえで検査や診断をしてもらうことが必要です。

原因究明のためにも大切なことになりますし、外傷だと交通事故や労災といったものにもかかわり、後遺症診断として認められるかどうかは今後の補償にも関わります。